気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

東海地方 梅雨入り予想

東海地方の梅雨入り予想!2019年はいつ?平均との違いを気象予報士が解説

更新日:

 

気象予報士4451号

こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

2019年の東海地方の梅雨入りの時期が気になりますよね。

 

雨は降らないと水不足になってしまうので、

梅雨は夏の前の大切な時期。

 

とはいえ・・・

くまさん
毎日すっきりしないお天気だと不便も感じますよね。
気象予報士4451号

そこで、気象予報士の私が、

例年の平均と比較しながら、

2019年の梅雨入りの時期を予想したいと思います。

梅雨入り・梅雨明けの時期は、

直近の天気図を確認しないと、はっきりした予想はできませんが、

ここでは、平年値からおおよその時期を予想しています。

 

東海地方とは次の4県です。

  • 静岡県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 愛知県
スポンサーリンク

東海地方の梅雨入り例年の平均はいつ?

関東の梅雨明け予想2019年はいつ?例年との比較を気象予報士が解説

 

東海地方の梅雨入りの平均は、

例年、6月8日ごろです。

 

この平均は、1951年からのデータの積み重ねで出されています。

 

くまさん

かなり昔から梅雨入りの記録を残しているんだね。

でも梅雨入りって、どうやって判断しているんだろう・・・?

 

気象予報士4451号

梅雨入りの判断は、各地方の気象台が行っていて、

東海地方の場合は

名古屋地方気象台が以下の気象条件のときに発表しているよ。

 

  • 晴天が2日以上続いたあとに前日と本日が雨。
  • 梅雨前線がある。
  • さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇り。

 

この条件がそろったとき、

名古屋地方気象台

「梅雨入りしたとみられる」

と発表します。

 

【関連記事:東海地方以外の梅雨明け情報はここをクリック 】

 

くまさん

なんで、

「梅雨入りしたとみられる」ってあいまいな表現なの?

 

気象予報士4451号

梅雨入りや梅雨明けの判断は難しいので、

9月に天候を振り返ったときに、日にちが変更されたり、撤回されたりすることがあるからだよ。

 

くまさん
なるほど。

それだけちゃんと毎年梅雨入り・梅雨明けを

しっかり吟味しているということなんだね。

気象予報士4451号

そうだね。

そして、そうやって吟味してだされた梅雨入り・梅雨明けの記録は、

1951年からデータがあるんだよ。

くまさん
それだけ長い期間のデータがあれば、

2019年の梅雨入りも予想ができそうだね。

スポンサーリンク

梅雨入りの平年値は1951年からのデータ

関西/近畿の梅雨入り予想!2019年はいつ?平均との比較も気象予報士が解説

 

梅雨入りの平均は、1951年からのデータを使っていますが、

一方で、

気温や降水量や日照時間の平年値を計算する場合は、

10年ごとに更新しています。

 

たとえば、

 

2001年~2010年までは、1971~2000年の観測値の平均、

2011年~2020年までは、1981~2010年の観測値の平均、

このような感じです。

 

くまさん
そう考えると、

1951年からのデータだと、期間が長い気もするね。

 

気象予報士4451号

そうだね、

だから、ここでは、

2000年以降の梅雨入りの平均も出してみることにしました。

 

2019年の東海地方の梅雨入り予想!時期はいつ?

東海地方の梅雨入り予想!2019年はいつ?平均との違いを気象予報士が解説

 

2019年の東海地方の梅雨入りですが、

結論から先に言うと、

6月1日~6月15日ころではないかと予想します。

 

理由をこれからお伝えしますね。

 

まず、1951年からの平年値は6月8日でした。

 

そして、さらに期間をもう少し現代にしぼって、

2000年以降のデータも見てみたいと思います。

 

梅雨入り 平年(6月8日)との差
2000年 6月 9日ごろ +1
2001年 6月 5日ごろ -3
2002年 6月11日ごろ +3
2003年 6月10日ごろ +2
2004年 6月 6日ごろ -2
2005年 6月11日ごろ +3
2006年 6月 8日ごろ 0
2007年 6月14日ごろ +6
2008年 5月28日ごろ -11
2009年 6月 3日ごろ -5
2010年 6月13日ごろ +2
2011年 5月22日ごろ -17
2012年 6月 8日ごろ 0
2013年 5月28日ごろ -11
2014年 6月 4日ごろ -4
2015年 6月 3日ごろ -5
2016年 6月 4日ごろ -4
2017年 6月21日ごろ +13
2018年 6月 5日ごろ -3

 

 

平年より早く梅雨入りした年を-(マイナス)、

そして平年より遅く梅雨入りした年を+(プラス)として計算してみると、

2000年ー2018年までの合計は、-35

 

それを19年間で割ると、-1.842・・・

小数点第2位以下を四捨五入して、-1.8

 

つまり平年の6月8により、

2000年以降は1.8日梅雨入りが早まっているということになります。

 

くまさん
6月6日~6月7日くらいだね。

 

これを基準に考えると、

2019年の梅雨入りは6月1日~6月15日頃だと予想しました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-東海地方, 梅雨入り予想

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.