気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

東北地方 梅雨入り予想

東北北部の梅雨入りはいつ?2019年の時期を予想!平年との違いを気象予報士が解説

更新日:

 

気象予報士4451号

こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

梅雨に入ってしまうと、傘が手放せなかったり、

屋外での作業の計画を立てづらかったりします。

そのため、梅雨入りの時期を知って、予定をたてておきたいですよね。

気象予報士4451号

そこで、気象予報士の私が、

東北地方の北部の梅雨入り時期を予想したいと思います。

 

東北北部は以下になります。

 

  • 青森県
  • 秋田県
  • 岩手県

 

 

梅雨入り・梅雨明けの時期は、

直近の天気図を確認しないと、はっきりした予想はできませんが、

ここでは、平年値からおおよその時期を予想しています。

スポンサーリンク

東北北部の梅雨入りの例年の平均はいつ?

東北北部の梅雨入りはいつ?2019年の時期を予想!平年との違いを気象予報士が解説

 

東北北部(青森県、秋田県、岩手県)の梅雨入りは、

例年ですと、6月14日ごろです。

 

梅雨の季節は、梅雨前線の北上にともなって、

しだいに西日本から東日本、北日本へと移動します。

 

北海道では梅雨がないため、

日本全国で最も遅い時期に梅雨入りするのが北東北となります。

関連記事

 

この梅雨入りの平均ですが、

東北北部の場合は、仙台管区気象台が、

次の条件を判断して行います。

 

  • 晴天が2日以上続いたあとに前日と本日が雨。
  • 梅雨前線がある。
  • さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇り。

 

こうして判断して発表された梅雨入りのデータ、

なんと気象庁では1951年からとっているんです。

スポンサーリンク


 

梅雨入りの平年値は1951年からのデータ

関東甲信の梅雨入り予想!2019年はいつ?例年の平均との違いを気象予報士が解説

 

梅雨入り・梅雨明けのデータは、1951年から記録が残っています。

くまさん
そんなに長い期間の記録があるってすごいね!

 

一般的には、使えるデータの期間が長いほうが、

より正確な値に近づくのですが、

気象の場合、気候変動や温暖化などの影響もありますよね。

 

そのため、気象庁では、気温・降水量・日照時間の平年値を算出する場合、

10年ごとに更新しています。

 

そのため、次のようになります。

 

2001年~2010年までは、1971~2000年の観測値の平均

2011年~2020年までは、1981~2010年の観測値の平均

 

そう考えると、梅雨入り・梅雨明けに関しても、

1951年~の平年日のほかにも、

もう少し現代に近い期間での平均も気になりますよね。

 

気象予報士4451号

そこで、2000年以降の梅雨入りの平均も調べてから、

2019年の梅雨入りを予想してみました。

 

2019年の東北北部の梅雨入りはいつ?

関東甲信の梅雨入り予想!2019年はいつ?例年の平均との違いを気象予報士が解説

 

気になるのは、2019年の梅雨入りの時期ですよね。

東北北部(青森県、秋田県、岩手県)はいつでしょうか?

 

結論から先にお伝えすると、

頃と予想しています。

スポンサーリンク
 

その理由は、北東北の1951年からの平年日と2000年以降の平均です。

以下のように、

2000年以降の梅雨入りの日にちと平年との差を表にしてみました。

 

梅雨入りの日にち 平年(6月14日)との差
2000年 6月23日ごろ +9
2001年 6月 6日ごろ -8
2002年 6月11日ごろ -3
2003年 6月12日ごろ -2
2004年 6月19日ごろ +5
2005年 6月25日ごろ +11
2006年 6月15日ごろ +1
2007年 6月29日ごろ +15
2008年 6月23日ごろ +9
2009年 6月 4日ごろ +10
2010年 6月16日ごろ +2
2011年 6月21日ごろ +7
2012年 6月 9日ごろ -5
2013年 6月15日ごろ +1
2014年 6月 6日ごろ -8
2015年 6月26日ごろ +12
2016年 6月13日ごろ -1
2017年 7月 1日ごろ +17
2018年 6月11日ごろ -3

 

平年より早く梅雨入りした年を-(マイナス)、

逆に、平年より遅く梅雨入りした年を+(プラス)として計算してみると、

2000年ー2018年までの合計は、+69

 

それを2000年から2018年の19年間で割ると、3.632

小数点第2位以下を四捨五入すると3.6

 

平年との差は、約+3.6ということは、

2000年以降の平均は6月17日~6月18日となります。

 

2019年もこの傾向が続くとすると、

6月10日~6月25日の間に梅雨入りすると予想します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-東北地方, 梅雨入り予想

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.