気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

四国地方 梅雨入り予想

四国の梅雨入り予想!2019年はいつ?平年との比較を気象予報士が解説

更新日:

 

気象予報士4451号
こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

梅雨って、

大雨で災害を発生させてしまうような憎たらしい面と、

反対に、水の需要が増える夏の前に、

恵みの雨となる良い面がありますよね。

 

梅雨のどちらの顔に注目しても、

気になるのが梅雨入りと梅雨明けの時期。

 

くまさん
2019年の梅雨入り時期は、一体いつなのかな?

 

【関連記事:四国の梅雨明け2019年はいつ?平年との比較も

 

気象予報士4451号
ここでは、気象予報士の私が、

気象現象や、現在・過去の気象データをもとに予想したいと思います。

 

ちなみに、四国は以下の4つの地域

  • 香川
  • 愛媛
  • 徳島
  • 高知

 

くまさん
それでは、さっそくいってみましょう!
スポンサーリンク

四国の梅雨入りの平年はいつ?

四国の梅雨入り2019の予想!平年はいつ?気象予報士が解説

 

四国4県(高知・徳島・愛媛・香川)の梅雨入りを発表するのは、

高松気象台(香川県)です。

 

そして、梅雨入りの判断基準は以下の通り。

  • 晴天が2日以上続いたあとに前日と本日が雨。
  • 梅雨前線がある。
  • さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇り。

 

高松気象台が、これらを判断して梅雨入り宣言を行うわけです。

 

そうして出た1951年からの平均が、

6月 5日ごろです。

 

くまさん
九州北部の平均と同じだね。

 

でも、ちょっと気になりませんか?

1951年からの平均って・・・

 

梅雨入りの平年値は1951年からのデータ

 

気象庁が気温や降水量や日照時間の平年値を算出する場合、

10年ごとに更新するんですね。

 

たとえば、

 

2001年~2010年までは、1971~2000年の観測値の平均、

2011年~2020年までは、1981~2010年の観測値の平均、

といった感じです。

 

それなのに、梅雨入りや梅雨明けの平年値は、

10年ごとの更新ではなく1951年からの平均なんです。

 

気象予報士4451号

そこで、2019年の四国の梅雨入り時期を予想するには、

2000年以降のデータで判断してみたいと思います。

スポンサーリンク

2019年の四国の梅雨入り時期の予想

四国の梅雨入り2019の予想!平年はいつ?気象予報士が解説

 

四国4県(愛媛・高知・香川・徳島)の梅雨入り時期の平均は、

6月5日頃でした。

 

気象予報士4451号

ただこれは1951年からのデータの平均なので、

2019年の梅雨入り時期を予想するには、

もっと最近である2000年以降のデータの平均を参考にしたいと思います。

 

ということで、

高松気象台が発表する四国の梅雨入りはこちら。

 

梅雨入り 平年(6月5日)との差
2000年 6月 3日ごろ -2
2001年 5月21日ごろ -15
2002年 6月11日ごろ +6
2003年 6月10日ごろ +5
2004年 5月29日ごろ -7
2005年 6月11日ごろ +6
2006年 6月 8日ごろ +3
2007年 6月13日ごろ +8
2008年 5月28日ごろ -8
2009年 6月 3日ごろ -2
2010年 6月13日ごろ +8
2011年 5月21日ごろ -15
2012年 6月 2日ごろ -3
2013年 5月27日ごろ -9
2014年 6月 2日ごろ -3
2015年 6月 2日ごろ -3
2016年 6月 4日ごろ -1
2017年 6月20日ごろ +15
2018年 6月 5日ごろ 0

 

ざっと見た感じ、平年(6月5日)より早い日が多そうですが、

実際に計算してみましょう。

 

平年より梅雨入りが早かった年を-(マイナス)、

逆に遅かった年を+(+)として計算すると、

合計-17

 

これを19で割ると、-0.8947・・・となり、

小数点第2位以下を四捨五入して、およそ-0.9

 

つまり、平年の6月5日より0.9日早くなるため、

6月4.1日頃ということになります。

 

2019年は、この前後1週間以内に入ると考えて、

5月28日~6月11日の間に梅雨入りするのではないかと予想します。

 

ただ、どんなものにも「例外の年」というのはつきものなので、

2019年がこの傾向からもれる可能性もあります。

スポンサーリンク

四国の降水量の特徴

四国の梅雨入り2019の予想!平年はいつ?気象予報士が解説

 

四国は、太平洋側と瀬戸内海側で降水量の差がとても大きい地域。

 

気象予報士4451号

なぜなら、南からの暖かく湿った空気が

四国山地にぶつかって上昇流となり、雲を発生させるからです。

四国の梅雨入り2019の予想!平年はいつ?気象予報士が解説

出典元:高松気象台

 

このため太平洋側で降水量が多くなり、

高知では、

年間降水量なんと2547.5ミリ!

 

くまさん
高知以外でも太平洋側では、3000ミリを超える地域が多いよね。

 

それに対して、瀬戸内側の高松では1082.3ミリと差が大きいです。

 

これは、南からの湿った風が四国山地にさえぎられるため、

降水量が少なくなるからです。

 

四国のグラフを見ても、

特に3月~9月はの差が大きいのがわかります。

南からの暖かく湿った空気が急峻な四国山地によって上昇流となるため、太平洋側で降水量が多くなりますが、瀬戸内側では四国山地に阻まれて少なくなります(第3図)。 また、寒候期にも北からの寒気は関門海峡から愛媛県に一部流れ込みますが、中国山地に阻まれて降水量は少なくなります

月降水量平年値(統計期間:1981~2010年)

出典元:高松気象台

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-四国地方, 梅雨入り予想

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.