気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

四国地方 梅雨明け予想

四国の梅雨明け予想!2019年はいつ?平年との比較を気象予報士が解説

更新日:

 

気象予報士4451号

こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

四国の暑い夏が来る前にやってくるあの季節。

そう、梅雨

 

くまさん
お布団や洗濯物をなかなか干せなかったり、

旅行の計画を立てづらかったり・・・

 

なにより、大雨をふらせて自然の脅威を感じることもある梅雨。

 

2019年の四国の梅雨明けはいつなのでしょうか?

気になりますよね。

 

気象予報士4451号

そこで気象予報士の私が、

気象現象や、

平年を比較・参考にしながら予想してみました。

 

ちなみに四国とは次の4県です。

  • 香川
  • 愛媛
  • 徳島
  • 高知
スポンサーリンク

四国の梅雨明けの平年はいつ?

四国の梅雨明け予想!2019年はいつ?平年との比較を気象予報士が解説

 

四国の梅雨明けの平年値は、

7月18日ころです。

 

気象予報士4451号
梅雨明けの判断は、以下が基準となります。

 

 

  • 雨が2日以上続いていた後、前日と本日が晴れ
  • 週間天気予報で5日以上が晴れ(または一部曇り)
  • 梅雨前線が北上し、戻ってこないと判断されている

 

こういった気象条件のときに、

四国の中枢官署である高松気象台(香川県)が、

気象庁の職員さん

「梅雨明けしたとみられる」

 

と発表します。

 

「梅雨明けしたとみられる」と、ちょっと自信なさげなのは、

数か月後に天気を振り返って、

梅雨明けの日が変更されたりすることもあるからです。

 

でも、それは高松気象台の方の判断が間違っていたわけではなく、

そもそも梅雨明けの判断があいまいで難しいからです。

 

くまさん

天気って、やっぱり自然現象だし、

A=Bみたいに明確な答えは出しづらいよね。

スポンサーリンク

そうやって、毎年積み重なった梅雨明けのデータが

1951年からあります。

 

気象予報士4451号
では、こちらをもとに、

2019年の四国の梅雨明け予想をしたいと思います。

 

2019年の四国の梅雨明け予想!時期はいつ?

四国の梅雨明け予想!2019年はいつ?平年との比較を気象予報士が解説

 

四国の梅雨明け時期の平均は、

7月18日頃でした。

 

では、2019年はいつなのでしょうか?

 

結論から先に言ってしまうと、

7月15日~7月29日頃ではないかと予想します。

 

その理由ですが、以下の2つがポイントとなります。

  1. エルニーニョ現象が発生
  2. 2000年以降の平年値

 

1. エルニーニョ現象が発生

 

エルニーニョ現象がと呼ばれる現象があります。

 

この梅雨への影響を簡単に言うと、

一部の地域の梅雨明けが遅くなる傾向があるということです。

 

関連記事

エルニーニョ現象について詳しくは以下をご覧ください。

【関連記事:エルニーニョ現象とは?

 

そして、エルニーニョ現象によって、

梅雨明けが遅くなる地域に、四国も含まれています。

 

これを裏付けるのが、下の気象庁のグラフです。

 

なんと、四国は62%の確率で、梅雨明けが遅くなっています。

 

出典元:気象庁HP

 

気象予報士4451号
そして、2019年は、エルニーニョ現象が発生中。

つまり、平年より、梅雨明けは遅くなるのではないかと思います。

 

そして、もう一つ参考にしたいのが2000年以降の平均のデータです。

スポンサーリンク

2. 2000年以降の平年値

 

四国の梅雨明けの平年値7月18日は、

1951年からのデータの平均です。

 

そこで、もう少し現在に近い時代からの平均も調べてみることにしました。

 

下は、2000年以降のデータです。

梅雨明け 平年(7月18日)との差
2000年 7月18日ごろ 0
2001年 7月19日ごろ +1
2002年 7月20日ごろ +2
2003年 7月31日ごろ +13
2004年 7月13日ごろ -5
2005年 7月16日ごろ -2
2006年 7月26日ごろ +8
2007年 7月23日ごろ +5
2008年 7月 6日ごろ -12
2009年 7月30日ごろ +12
2010年 7月17日ごろ -1
2011年 7月 8日ごろ -10
2012年 7月17日ごろ -1
2013年 7月 8日ごろ -10
2014年 7月20日ごろ +2
2015年 7月24日ごろ +6
2016年 7月18日ごろ 0
2017年 7月13日ごろ -5
2018年 7月 9日ごろ -9

 

 

2000年以降の平年との差の合計は、

-6

これを19で割ると、-0.3157・・・

小数点第2位以下を四捨五入して、-0.3

 

つまり、平年の7月18日より、

0.3日梅雨明けが早くなっています。

 

ほとんど平年と同じですね。

 

そこで、2019年も平年の7月18日を基準として、

エルニーニョ現象で少し梅雨明けが遅くなるとすると、

 

7月15日~7月29日頃に、梅雨明けすると予想します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-四国地方, 梅雨明け予想

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.