気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

梅雨明け予想 沖縄

沖縄の梅雨明け時期予想!2019年はいつ?平均と比較を気象予報士が解説

更新日:

 

気象予報士4451号
こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

沖縄に住んでいる方も、旅行に行く予定の方も、

梅雨明けの時期は気になるところですよね。

 

沖縄は東京から、直線距離でも1,556kmあります。

そのため、梅雨明けの時期も、平均1か月くらい早いです。

 

くまさん
梅雨明けに沖縄の海で、いっぱい遊びたいから、

梅雨明けの時期が知りたいな。

 

気象予報士4451号
そこで、今回は、

気象現象や、 現在・過去の気象データをもとに、

気象予報士の私が、例年の平均と比較しながら

梅雨明けの時期を予想したいと思います。

スポンサーリンク

沖縄の梅雨明けの平均はいつ?

沖縄の梅雨明け2019年の時期はいつ?平均と比較!気象予報士が解説

 

沖縄の梅雨明け発表は、沖縄気象台がしています。

この沖縄気象台の管轄下には次の4つがあります。

  • 南大東島地方気象台
  • 宮古島地方気象台
  • 石垣島地方気象台
  • 那覇航空測候所

 

そして、気になる梅雨明けの平年は、

6月23日頃となっています。

 

ただ、これ、1951年からの平均なんです。

 

そこで、2000年以降で平均を出してみたいと思います。

 

梅雨明け 平年との差
2000年 6月20日ごろ -3
2001年 6月21日ごろ -2
2002年 6月21日ごろ -2
2003年 6月20日ごろ -3
2004年 6月23日ごろ 0
2005年 6月27日ごろ +4
2006年 6月20日ごろ -3
2007年 6月21日ごろ -2
2008年 6月17日ごろ -6
2009年 7月 6日ごろ +13
2010年 6月19日ごろ -4
2011年 6月 9日ごろ -14
2012年 6月23日ごろ 0
2013年 6月11日ごろ -12
2014年 6月26日ごろ +3
2015年 6月8日ごろ -15
2016年 6月16日ごろ -7
2017年 6月22日ごろ -1
2018年 6月23日ごろ 0

 

 

上の表をみてわかるように、

2000年以降は、ほとんど平年の6月23日より早い梅雨明けとなっています。

 

 

平年より早かった年を-(マイナス)、

平年より遅かった年を+(+)として計算してみると、

2000年~2018年までの合計は、-54

 

これを19年間で割ると、-2.842・・・

 

少数点第2位以下を四捨五入すると、およそ-2.8

 

 

つまり2000年以降の梅雨明けの平均は、

6月23日より2.8日早いので、

6月20~21日頃ということになります。

 

とすると、だいたい平均の前後1週間と考えて、

2019年は、6月13日から6月27日頃と予想したくなるところです。

 

が!

 

気象予報士4451号
実は、沖縄の梅雨明けの時期には、

ある気象現象と関係があると言われています。

 

その気象現象が2019年は影響があるため、

それも考えて、次で梅雨明けの時期を予想したいと思います。

 

【関連記事:沖縄の梅雨入りはいつ?2019年と平年を比較

スポンサーリンク

2019年の沖縄の梅雨明け時期予想

2019年の沖縄の梅雨明け時期予想

 

くまさん
2019年の梅雨明けの時期はいつくらいなんだろう?

 

まず、沖縄の梅雨明けの平均は以下の通り

  • 1951年~2018年⇒6月23日頃
  • 2000年~2018年⇒6月20日ころ

 

梅雨明けの平均を見ると、

2000年以降、沖縄の梅雨明けは早まっているのがわかります。

 

くまさん
じゃあ、2019年も、

例年より梅雨明けは早くなるのかな?

 

そんな風に思ってしまいますが、

2019年の梅雨明けは、2000年以降の平均より遅くなる確率が高いと思います。

 

なぜなら、2019年は、エルニーニョ現象が継続しているからです。

 

【関連記事:エルニーニョ現象とは?

 

このエルニーニョ現象が発生しているときは、

沖縄県の梅雨明けの時期が遅くなりやすいというデータがあります。

 

下の気象庁のグラフを見ると、

エルニーニョ現象が発生しているときのうち、

57%の確率で、梅雨明けが遅くなっています。

 

出典元:気象庁HP

 

気象予報士4451号

このため、

2019年の梅雨明けは、

6月16日前後~6月30日前後頃の確率が高いと予想します。

 

くまさん
だいたい東京より1か月くらい早く、梅雨が明けるんだね。
スポンサーリンク

沖縄の梅雨入り・梅雨明けが1か月早い理由

沖縄の梅雨明け2019年の時期はいつ?平均と比較!気象予報士が解説

 

沖縄の平年の梅雨入りと梅雨明けは、

  • 梅雨入り⇒5月9日頃
  • 梅雨明け⇒6月23日頃

 

これは、東京や大阪などの本州と比べると、

約1か月、梅雨の時期が早いです。

 

くまさん
なぜ、約1か月早く梅雨入り・梅雨明けするんだろう?

 

それは、下の図のように、

梅雨前線が、日本列島に東西に横たわって伸びていて

南から次第に北へ移動していくからです。

 

そのため、南にある地方から先に梅雨の季節になっていくというわけです。

あわせて読みたい記事

 

沖縄の梅雨入りはいつ?2019年と平年を比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-梅雨明け予想, 沖縄

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.