気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

九州・奄美地方 梅雨入り予想

九州南部の梅雨入り予想!2019年はいつ?平年の時期との比較も

更新日:

 

気象予報士4451号

こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

九州南部は、年平均気温も沖縄県の次に高く、

1年間を通して、とっても過ごしやすい地域。

 

でも、ちゃーんと、あの季節がやってきます。

 

そう、梅雨

 

梅雨は好き嫌いが分かれる季節だとは思いますが、

いずれにせよ、梅雨入り時期は気になりますよね。

 

くまさん
2019年は、例年通りなのか、早まるのか、遅くなるのか・・・

 

気象予報士4451号
そんな疑問を解決すべく、

気象予報士の私が、

平年の梅雨入り時期などを参考にしながら、

2019年の九州南部の梅雨入りを予想したいと思います。

 

ちなみに九州南部とは、次の4地域です。

  • 宮崎県
  • 鹿児島県の本土
  • 種子島
  • 屋久島

 

梅雨入り・梅雨明けの時期は、

直近の天気図を確認しないと、はっきりした予想はできませんが、

ここでは、平年値からおおよその時期を予想しています。

スポンサーリンク

九州南部の梅雨入りの平均はいつ?

九州南部の梅雨入り予想!2019年はいつ?平年の時期との比較も

 

九州南部の梅雨入りは、例年5月31日ごろです。

 

気象予報士4451号

これは、

鹿児島地方気象台が以下の基準に基づいて判断します。

  • 晴天が2日以上続いたあとに前日と本日が雨。
  • 梅雨前線がある。
  • さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇り。

 

こうして毎年だされた梅雨のデータは、

気象庁で1951年から記録が残っていて、

その平均が、5月31日ごろというわけです。

 

梅雨入りの平年値は1951年からのデータ

関西/近畿の梅雨入り予想!2019年はいつ?平均との比較も気象予報士が解説

梅雨入り・梅雨明けの平年値は、

1951年から積み重ねたデータの平均となっています。

 

一般的に平均をとる場合、

データの数は多いほうが正確な値が出るのですが、

気象については、時代とともに環境も変わってくるので、

もう少し現代に近い期間の平均も調べたいと思います。

 

なぜなら、気象庁は、

気温・降水量・日照時間の平年値を算出する場合は、

10年ごとに更新するんです。

 

たとえば以下のようになります。

 

2001年~2010年までは、1971~2000年の観測値の平均、

2011年~2020年までは、1981~2010年の観測値の平均、

 

くまさん
なるほど。

1951年からのデータだと、期間が長い気がするね。

 

気象予報士4451号

だから、ここでは、2019年の梅雨入りを予想するために、

2000年以降の梅雨入りの平均がどのくらいか調べてみることにしたよ。

スポンサーリンク

2019年の九州南部の梅雨入り時期はいつ?

九州南部の梅雨入り・梅雨明け時期予想!2019年はいつ?気象予報士が解説

 

気象予報士4451号
では、さっそく結論から先にお伝えしますね。

 

2019年の九州南部の梅雨入り時期は、

5月23日~6月6日頃と予想します。

 

その根拠ですが、

まず平年の九州南部の梅雨入りは、

5月31日ごろ。

 

1951年からの統計データでも、

だいたい5月下旬から6月上旬の間に、梅雨入りとなっているので、

5月31日近辺の可能性が高いと考えます。

 

そして、一番早い梅雨入りは、1956年の5月1日頃。

一番遅い梅雨入りは、1957年の6月21日ごろでしが、

いずれも1950年代の数字。

 

その後、平均気温の上昇や気候変動もありますので、

2019年の参考にはなりづらいかなと思います。

 

また、統計を取り始めて間もないころなので、

判断基準も今ほど定まっていなかった可能性も考えられます。

 

そのため、2000年以降の梅雨入りの平均も調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク

 

梅雨入り 平年(5月31日)との差
2000年 5月26日ごろ -5
2001年 5月21日ごろ -10
2002年 6月10日ごろ +10
2003年 6月 9日ごろ +9
2004年 5月29日ごろ -2
2005年 6月11日ごろ +11
2006年 5月26日ごろ -5
2007年 6月 1日ごろ +1
2008年 5月28日ごろ -3
2009年 6月 2日ごろ +2
2010年 6月12日ごろ +12
2011年 5月23日ごろ -8
2012年 5月30日ごろ -1
2013年 5月27日ごろ -4
2014年 6月 2日ごろ +2
2015年 6月 2日ごろ +2
2016年 5月24日ごろ -7
2017年 6月 6日ごろ +6
2018年 6月 5日ごろ +5

 

 

平年より早く梅雨入りした年を-(マイナス)、

そして平年より遅く梅雨入りした年を+(プラス)として計算してみると、

2000年ー2018年までの合計は、+15

 

それを19年間で割ると、0.7894・・・

小数点第3位以下を四捨五入して0.79

 

つまり、2000年以降は、

平年の5月31日より、0.79日梅雨入りが遅くなっていることになります。

 

ただ、そんなに変化はないので、

1951年からの平年と同じくらいと考えてよいと思います。

 

さらに、もっと現代に近い2011年以降も表にしてみました。

 

梅雨入り
2011年 5月23日ごろ
2012年 5月30日ごろ
2013年 5月27日ごろ
2014年 6月 2日ごろ
2015年 6月 2日ごろ
2016年 5月24日ごろ
2017年 6月 6日ごろ
2018年 6月 5日ごろ

 

2011年以降も、平年値の5月31日の前後1週間内になっていて、

それほど、早すぎたり遅すぎたりはしていません。

 

この傾向は2019年も続くと予想されるため、

梅雨入り時期は、

5月23日~6月6日頃内におさまると予想します。

 

【関連記事】

九州南部(鹿児島・宮崎・屋久島・種子島)の梅雨明けはここをクリック

 

まとめ

 

鹿児島の黒豚やかつお、宮崎の地鶏やマンゴー

うーん、想像しただけでおなかがキュルルっとなりそうなほど、

九州南部は美味しいものが盛りだくさん。

ただ梅雨の後半の時期は、激しい豪雨となるので、

お出かけの予定は梅雨の季節を避けたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-九州・奄美地方, 梅雨入り予想

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.