気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

九州・奄美地方 未分類 梅雨明け予想

九州南部の梅雨明け予想!2019年はいつ?平均との比較を気象予報士が解説

更新日:

 

気象予報士4451号

こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

年間を通して降水量の多い九州南部。

なんと全国の県庁所在地で、宮崎は2位、鹿児島は6位

 

中でも、梅雨の季節である6月~7月にかけての降水量は、年間の3割です。

くまさん

ときに災害になるほどの豪雨となるため、

梅雨明けの時期を知りたいですよね。

気象予報士4451号
そこで、ここでは、気象予報士の私が

例年のデータの平均から、2019年の梅雨明けを予想しました。

梅雨入り・梅雨明けの時期は、

直近の天気図を確認しないと、はっきりした予想はできませんが、

ここでは、平年値からおおよその時期を予想しています。

 

九州南部は、以下の4つが含まれます。

  • 宮崎県
  • 鹿児島県の本土
  • 種子島
  • 屋久島

スポンサーリンク


九州南部の梅雨明けの例年の平均は?

九州南部の梅雨明け予想!2019年はいつ?平均との比較を気象予報士が解説

 

梅雨明けは、鹿児島地方気象台が、

次の条件を判断して発表しています。

 

 

  • 雨が2日以上続いていた後、前日と本日が晴れ
  • 週間天気予報で5日以上が晴れ(または一部曇り)
  • 梅雨前線が北上し、戻ってこないと判断されている

 

このような気象条件のときに、

鹿児島地方気象台の方

「梅雨明けしたとみられる」

 

と発表します。

 

そうして出された梅雨明け宣言のデータの平均が、

7月14日ごろとなっています。

 

ちなみに・・・

「梅雨明けしたとみられる」と表現があいまいなのは、

梅雨明けの判断は、梅雨の晴れ間との区別が難しく、

数か月後に天気を振り返って、梅雨明け日が変更されたりすることもあるからです。

 

くまさん

そういえば、梅雨明け発表の後に、晴れたりすることがあるかも。

スポンサーリンク


 

また、この梅雨入り・梅雨明けのデータを、

気象庁では1951年から残しています。

 

気象予報士4451号
ここでは、この平年値から

2019年の九州南部の

梅雨明け予想をしたいと思います。

 

2019年の九州南部の梅雨明け時期予想

九州南部の梅雨入り・梅雨明け時期予想!2019年はいつ?気象予報士が解説

 

くまさん
2019年の九州南部の梅雨明けはいつだろう?

 

結論から先に言うと、

7月11日~7月26日頃ではないかと予想します。

 

その理由は以下の2つ。

 

  1. エルニーニョ現象の影響はあまりない
  2. 例年の平均からの傾向

 

1. エルニーニョ現象の影響はあまりない

 

はるか遠く海のかなた、南米ペルー沖での海水温が上昇することで、

世界各地の天候に影響を与える現象をエルニーニョ現象といいます。

 

気象予報士4451号
詳しくは下の記事でわかりやすく説明しています。

【関連記事:エルニーニョ現象とは?

 

このエルニーニョ現象ですが、

日本に、冷夏や暖冬をもたらし、

さらに、西日本の一部で、

梅雨明けの時期が遅くなりやすいと言われています。

 

ただ、下のグラフを見てわかるように、

九州北部と九州南部は、

他の西日本の地域と比べて、梅雨明けが遅くなる確率がそれほど高くありません。

 

出典元:気象庁

 

くまさん

本当だ。

他の地域は54~62%と確率が高いのに、

九州北部と九州南部は、46%と、半分以下だね。

 

気象予報士4451号

このため、エルニーニョ現象による、

梅雨明け時期の遅れは考えず、例年の平均から予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク


 

2. 例年の平均からの傾向

 

九州南部の梅雨明けの平年値は、

7月14日頃です。

 

これは、1951年からのデータの積み重ねから計算されたものです。

 

くまさん
1951年からのデータの積み重ねってすごいね。

 

気象予報士4451号

そう、すごいよね。

一般的には平均をとる場合、

データ量は多いほうが正確な値が出やすいのだけど、

気象の平年値を計算するには、ちょっと長いような気がするの。

 

くまさん
どうして?

 

気象庁では、

気温・降水量・日照時間の平年値を計算する場合は、

10年ごとに更新するんですね。

 

たとえば、次のようになります。

 

2001年~2010年までは、1971~2000年の観測値の平均、

2011年~2020年までは、1981~2010年の観測値の平均、

 

とすれば、梅雨明けの平年値を求めるのも、

平均をとるデータの期間を、

もう少し現代に近い期間にしぼってもいいかなと思います。

 

気象予報士4451号

ということで、

2000年以降にしぼって表を作成してみました。

 

梅雨明け 平年(7月14日)との差
2000年 7月15日ごろ +1
2001年 7月20日ごろ +6
2002年 7月21日ごろ +7
2003年 7月22日ごろ +8
2004年 7月11日ごろ -3
2005年 7月15日ごろ +1
2006年 7月25日ごろ +11
2007年 7月18日ごろ +4
2008年 7月 6日ごろ -8
2009年 7月12日ごろ -2
2010年 7月20日ごろ +6
2011年 7月 8日ごろ -6
2012年 7月23日ごろ +9
2013年 7月8日ごろ -6
2014年 7月16日ごろ +2
2015年 7月14日ごろ 0
2016年 7月18日ごろ +4
2017年 7月13日ごろ -1
2018年 7月 9日ごろ -5

 

 

平年より梅雨入りが早かった年を-(マイナス)、

逆に遅かった年を+(+)として計算すると、

合計28

 

これを2000年から2018年の19年で割ると、1.4736・・・となり、

小数点第2位以下を四捨五入して、およそ1.5

 

気象予報士4451号

つまり、2000年以降の平均だと、

平年値の7月14日より梅雨明けが1.5日遅いということになります。

 

くまさん
7月12日~13日頃だね。

 

 

この傾向が2019年も続けば、

7月11日~7月25日ころに梅雨明けするのではないかと予想します。

 

【関連記事:日本各地の梅雨明け時期はここをクリック

スポンサーリンク


 

九州南部が梅雨に降水量が多い理由

九州南部の梅雨明け予想!2019年はいつ?平均との比較を気象予報士が解説

 

九州南部は年間を通して降水量が多く、

県庁所在都市の年間降水量の平年値は、宮崎市が2位(2508ミリ)、鹿児島市は6位(2265ミリ)です。

 

特に梅雨の季節は、下のグラフのように年間降水量の3分の1ほどとなります。

 

【鹿児島】

九州南部の梅雨明け予想!2019年はいつ?平均との比較を気象予報士が解説

 

【宮崎】

九州南部の梅雨明け予想!2019年はいつ?平均との比較を気象予報士が解説

九州南部の梅雨明け予想!2019年はいつ?平均との比較を気象予報士が解説

出典元:鹿児島地方気象台

 

気象予報士4451号

私も九州出身で、現在は東京に住んでいるのですが、

たしかに体感的にも、東京に比べて九州の梅雨の降水量は多い気がします。

 

くまさん

梅雨の時期の雨の降り方も違うよね。

九州はザーザーと激しいけど、東京はシトシトとした静かな雨。

 

なぜ、九州は降水量が多く、しかも梅雨のときの雨の降り方が強いのでしょうか?

 

それは、九州、とくに九州南部が梅雨前線の影響を受けやすい場所だからです。

【関連記事:梅雨前線とは?

 

梅雨の時期は、太平洋高気圧のふちを回るように、

南からの暖かく湿った空気が梅雨前線に向かって流れ込みます。

 

九州南部の梅雨明け予想!2019年はいつ?平均との比較を気象予報士が解説

 

そして、この暖かく湿った空気が、

山の斜面をのぼって上昇気流となり、大量の雨を降らせるのです。

 

しかも、梅雨前線上に次々と低気圧や積乱雲が発生するため、

激しい雨や雷雨となります。

 

くまさん
なるほど。

だから、あんなにザーザー降りになるんだね。

 

気象予報士4451号

そうなんだよ。

降水量が多い上に、鹿児島や宮崎といった九州南部は地盤も弱いから、

災害対策をしっかりしたほうがいいよ。

スポンサーリンク


 

九州南部は地盤が弱いため防災の準備を!

 

全国的に見ても年間降水量の多い宮崎・鹿児島。

 

その上、シラス台地という火山噴出物からなる土地が

鹿児島県本土の52%、宮崎県本土の16%を占めています。

 

このため、大量の雨が降ると、土砂災害となりやすいのです。

 

災害が起きてから防災グッズを集めていては、

自分や家族の大切な命を守ることができません。

 

災害が起こる前に、

防災グッズを準備しておくと、いざという時役に立ちます。

 

万が一のとき、自分や家族のために、防災グッズを用意しておくことをおすすめします。

防災士おすすめの防災セットをチェックする
↓↓

防災士おすすめの防災セット

ディフィンドフューチャー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-九州・奄美地方, 未分類, 梅雨明け予想

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.