気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

梅雨入り予想

関西/近畿の梅雨入り予想!2019年はいつ?平均との比較も気象予報士が解説

更新日:

 

気象予報士4451号
こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

雨が降ったりやんだりのぐずついたお天気、

そして時には、大雨をもたらす関西・近畿地方の梅雨。

 

農業にはもちろん、洗濯や旅行などなど、

私たちの日常生活のいろいろな場面に関係してきますよね。

 

くまさん
いつ頃、梅雨が始まるか知りたい

 

ここでは、気象予報士の私が、

2019年の梅雨入り時期を、

平均のデータを参考に予想したいと思います。

 

関西地方は、以下の6つです。

 

 

  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県

 

 

梅雨入り・梅雨明けの時期は、

直近の天気図を確認しないと、はっきりした予想はできませんが、

ここでは、平年値からおおよその時期を予想しています。

スポンサーリンク

関西/近畿地方の梅雨入りの平均はいつ?

関西/近畿の梅雨入り予想!2019年はいつ?平均との比較も気象予報士が解説

 

くまさん
関西地方(近畿)の梅雨入りは、毎年いつ頃なんだろう?

 

気象予報士4451号

関西・近畿の梅雨入りの平均は、

6月 7日ごろだよ。

 

くまさん
梅雨入りはどうやってきまるの?
気象予報士4451号
それは次で詳しくみていくね。

 

梅雨入りの判断基準

関西/近畿の梅雨入り予想!2019年はいつ?平均との比較も気象予報士が解説

 

気象予報士4451号
関西・近畿の梅雨入りは、大阪管区気象台が行います。

 

そして、その判断基準は、以下の通り。

 

  • 晴天が2日以上続いたあとに前日と本日が雨。
  • 梅雨前線がある。
  • さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇り。

 

くまさん

なるほど!

ただ、雨が降るだけじゃなくて、梅雨前線がないといけないんだね。

スポンサーリンク




一般的に、梅雨入りの時期は、

沖縄から始まって、西日本→東日本へと進んでいきます。

 

なぜなら、梅雨前線が南から北へ移動していくからです。

 

そのため、西日本である関西・近畿地方は、

関東よりも早く梅雨入りしそうですが、実はほとんど変わりません。

 

地域 梅雨入りの平均
関西・近畿 6月7日頃
関東甲信 6月 8日頃

 

くまさん
本当だ!1日しか変わらないんだね。

 

気象予報士4451号
ちなみに、このデータは、1951年からの平均なんだよ。

 

梅雨入りの平年値は1951年からのデータ

関西/近畿の梅雨入り予想!2019年はいつ?平均との比較も気象予報士が解説

 

気象庁が気温や降水量や日照時間の平年値を算出する場合、

10年ごとに更新します。

 

そのため、次のようになります。

 

2001年~2010年までは、1971~2000年の観測値の平均、

2011年~2020年までは、1981~2010年の観測値の平均、

 

くまさん
そう考えると、

1951年からのデータだと、期間が長い気がするね。

 

気象予報士4451号

だから、ここでは、2019年の梅雨入りを予想するには、

2000年以降の梅雨入りの平均がどのくらいか調べてみることにしたよ。

 

2019年の関西・近畿の梅雨入り時期の予想

関西/近畿の梅雨入り予想!2019年はいつ?平均との比較も気象予報士が解説

 

関西・近畿地方の梅雨入り時期の平均は6月7日でした。

では、2019年はいつ頃でしょうか?

 

気象予報士4451号
平年値の6月7日は1951年からのデータなので、

期間をもう少し最近にしぼって、

2000年以降のデータを見てみたいと思います。

 

梅雨入り 平年(6月7日)との差
2000年 6月 9日ごろ +2
2001年 6月 5日ごろ -2
2002年 6月11日ごろ +4
2003年 6月10日ごろ +3
2004年 6月 6日ごろ -1
2005年 6月10日ごろ +3
2006年 6月 9日ごろ +2
2007年 6月22日ごろ +15
2008年 5月29日ごろ -9
2009年 6月 3日ごろ -4
2010年 6月13日ごろ +6
2011年 5月27日ごろ -11
2012年 6月 9日ごろ +2
2013年 6月10日ごろ +3
2014年 6月 5日ごろ -2
2015年 6月 3日ごろ -4
2016年 6月 5日ごろ -2
2017年 6月 7日ごろ 0
2018年 6月 6日ごろ -1

 

 

平年より早く梅雨入りした年を-(マイナス)、

そして平年より遅く梅雨入りした年を+(プラス)として計算してみると、

2000年ー2018年までの合計は、+4

 

それを19年間で割ると、0.210・・・

 

平年との差は、約+0.2なので、

平均の6月7日に、0.2を足して、6.72日くらいとなります。

 

くまさん
1951年以降のデータも、

2000年以降のデータもほとんど同じだね。

 

気象予報士4451号

そうだね、

だから2019年も梅雨入りの時期は変動はそんなに起こらないと予想するよ。

 

梅雨入りの平均を見ると、

1951年からの全期間平均も、

2000年以降の平均もほとんど同じなので、

2019年の梅雨入りもこの傾向が続くと考えます。

 

そのため、5月31日~6月14日の間に梅雨入りすると予想します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-梅雨入り予想

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.