気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

天気予報用語

エルニーニョ現象とは?わかりやすく簡単に気象予報士が解説!日本への影響も

更新日:

 

気象予報士4451号
こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

天気予報を見ていて、たまに出てくるあの言葉。

 

そう、エルニーニョ現象

 

くまさん
どんな現象だろう?

 

遠い海の向こう、南米で発生する現象ですが、

日本をはじめ、世界各国の天候に大きな影響を与えます。

 

くまさん
日本への影響もあるんだ。気になる。

 

気象予報士4451号

そこで、ここでは気象予報士の私が、

エルニーニョ現象とは?について、

どこよりもわかりやすく簡単に解説したいと思います。

スポンサーリンク

エルニーニョ現象とは?わかりやすく解説

エルニーニョ現象とは?わかりやすく簡単に気象予報士が解説!日本への影響も

 

気象予報士4451号

エルニーニョ現象とは、

南米のエクアドルやペルーの沿岸付近の海面水温が、

いつのの年よりも高くなる現象です。

 

 

これによって、

もくもくした積乱雲が発生しやすい場所が変わったり、

亜熱帯高気圧の位置や強さが変わったりするので、異常気象が起きやすいと言われています。

 

くまさん
なるほど!

でも、どうしてエルニーニョ現象が起こるんだろう?

 

エルニーニョ現象が発生する理由

 

気象予報士4451号
エルニーニョ現象が発生する理由は、

下の図を見ながら説明するね。

 

まず、エルニーニョ現象が発生していない普通の年は、

下の図のように、

インドネシア付近の海面水温は、28℃を超える暖かい海が広がっているのに対して、

 

南米のエクアドルやペルー沿岸付近の海面水温は、22℃以下の低い温度になっています。

 

エルニーニョ現象とは?わかりやすく気象予報士が解説!日本への影響も

出典元:気象庁

 

この理由は、大きく分けて次の3つです。

 

  1. 南米沖では、貿易風と呼ばれる東からの風が常に吹いているため、海面付近の暖かい海水が太平洋の西側に吹き寄せられている。
  2. ①によって、西部のインドネシア付近の海では、暖かい海水がたまる。
  3. ①によって、南米沖では、冷たい海水が、海の深いところから湧き上がってくる。

 

そして、毎年12月頃になると、

深海からの冷たい海水の湧き上がりが衰えてきます。

 

そうして、エクアドルやペルーなどの

南米沿岸付近の海面水温が高くなってきます。

 

これによって、

12月~1月のピーク時には、最大2℃~5℃も上昇し、

3月頃になると元に戻るのが、通常の年です。

 

ところが!

 

エルニーニョ現象が発生している年は違います。

 

3月になっても元に戻らず、深海からの冷たい海水の湧き上がりが衰えたまま。

さらに、

東風が平年より弱いので、

インドネシア沿岸付近にたまっていた暖かい海水が、南米沿岸の海水に広がってきます。

 

このため、南米沿岸付近の海面水温は、高いままの状態となります。

 

エルニーニョ現象とは?わかりやすく気象予報士が解説!日本への影響も

出典元:気象庁

 

これにともなって、

積乱雲が盛んに発生する海域が、平年よりも東の方にずれます。

 

さらに、それだけではありません。

 

エルニーニョ現象の影響は、日本をはじめ、

東南アジア、オーストラリア、インド、西アフリカ、南アフリカ、南米など・・・

多くの国の天気にも影響します。

スポンサーリンク

くまさん

日本にはどんな影響があるの?

 

気象予報士4451号
日本への影響は、次で詳しくお話するね。

 

日本への影響は?

エルニーニョ現象とは?わかりやすく気象予報士が解説!日本への影響も

 

今見てきたように、

 

エルニーニョ現象とは、

南米沿岸付近の海面水温が高い状態が続くことによって、

世界のあちこちにその影響がおよぶこと

 

とお話してきました。

 

くまさん
日本への影響が気になる。

 

エルニーニョ現象が起こった年は、

日本では次の3つの天候が起きやすくなります。

 

 

  • 暖冬
  • 梅雨が長くなる
  • 冷夏

 

くまさん

遠い海の向こうの南米で起きた現象が、

はるか遠くの日本の冬を暖かくしたり、

梅雨を長くしたり、

冷夏にしたりするって面白いね。

 

気象予報士4451号

そうだね。

梅雨が長くなるということは、梅雨明けがおそくなるということだから、

梅雨明けの時期が気になる方は

日本各地の梅雨明け予想の記事も見てみてくださいね。

 

【関連記事:日本各地の梅雨明け予想はコチラ

 

それでは、最後に、

エルニーニョ現象が発生した年をまとめたいと思います。

エルニーニョ現象の発生年の一覧

エルニーニョ現象とは?わかりやすく簡単に気象予報士が解説!日本への影響も

 

エルニーニョ現象が発生した年の一覧
1951年春~1951/52年冬
1953年春~1953年秋
1957年春~1958年春
1963年夏~1963/64年冬
1965年春~1965/66年冬
1968年秋~1969/70年冬
1972年春~1973年春
1976年夏~1977年春
1982年春~1983年夏
1986年秋~1987/88年冬
1991年春~1992年夏
1997年春~1998年春
2002年夏~2002/03年冬
2009年夏~2010年春
2014年夏~2016年春

 

くまさん
こうやって見てみると、

エルニーニョ現象って数年おきに発生しているんだね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-天気予報用語

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.