気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

中国地方 梅雨入り予想

中国地方の梅雨入り予想!2019年はいつ?平年との比較も気象予報士が解説

更新日:

 

気象予報士4451号

こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

お好み焼きやきびだんごといった美味しい食べ物あり、

島根城や鳥取砂丘といった観光スポットありの魅力的な中国地方。

 

でも・・・

梅雨の時期は、大雨をもたらします。

 

くまさん
万が一に備えて、

防災グッズなど準備しておかなくちゃ。

 

そんな中国地方の2019年の梅雨入りはいつでしょうか?

 

気象予報士4451号
ここでは、気象予報士の私が、

平年との比較や、気象の知識をフル活用して、

2019年の梅雨入り時期を予想したいと思います。

 

ちなみに中国地方とは、以下の4地域です。

  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 鳥取県
スポンサーリンク

中国地方が梅雨入りする時期の平年はいつ?

中国地方の梅雨入り予想!2019年はいつ?平年との比較も気象予報士が解説

 

中国地方が梅雨入りする時期は、

例年、6月 7日ごろです。

 

くまさん
どうやって梅雨入りしたって判断するのかな?

 

気象予報士4451号
梅雨入り宣言は、

中国地方の中枢官署である広島気象台が、

以下の要素を判断して行うんだよ。

 

  • 晴天が2日以上続いたあとに前日と本日が雨。
  • 梅雨前線がある。
  • さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇り。

 

くまさん
なるほど!

こうやって梅雨入りの判断をしているんだね。

 

でも、この平年値って、いつからの平均なのかな?

 

気象予報士4451号
それは、次で詳しくお話するね。

 

梅雨入りの平年値は1951年からのデータ

 

実は、梅雨入りの平年値は、1951年からのデータの平均なんです。

 

ただ、これって、私としては、

平均をとる期間がちょっと長すぎるような気がするんです。

 

なぜなら、気象庁は、

気温や降水量や日照時間の平年値を算出する場合は、

10年ごとに更新するんですね。

 

たとえば、次のような感じです。

 

2001年~2010年までは、1971~2000年の観測値の平均、

2011年~2020年までは、1981~2010年の観測値の平均、

 

それに対して、梅雨入りや梅雨明けの平年値は、

10年ごとの更新ではなく、1951年からの平均なんです。

 

これって、平均をとる期間としては長いような気がします。

 

気象予報士4451号

そこで、2019年の中国地方の梅雨入り時期を予想するにあたっては、

2000年以降のデータで判断したいと思います。

スポンサーリンク

2019年の中国地方の梅雨入り予想

中国地方の梅雨入り予想!2019年はいつ?平年との比較も気象予報士が解説

 

結論から先に言ってしまうと、

2019年の梅雨入りは、

5月29日~6月12日頃だと予想します。

 

その理由ですが、中国地方の梅雨入りは少しずつ早まってきているからです。

 

2000年以降で梅雨入りした日と、

その日の平年との差を下の表にしてみました。

 

梅雨入り 平年(6月7日)との差
2000年 6月 8日ごろ +1
2001年 6月 5日ごろ -2
2002年 6月11日ごろ +4
2003年 6月10日ごろ +3
2004年 5月29日ごろ -9
2005年 6月11日ごろ +4
2006年 6月 8日ごろ +1
2007年 6月14日ごろ +7
2008年 5月28日ごろ -10
2009年 6月 3日ごろ -4
2010年 6月13日ごろ +6
2011年 5月21日ごろ -17
2012年 6月 8日ごろ +1
2013年 5月27日ごろ -11
2014年 6月 2日ごろ -5
2015年 6月 2日ごろ -5
2016年 6月 4日ごろ -3
2017年 6月20日ごろ +13
2018年 6月 5日ごろ -2

 

 

2000年以降の平年との差の合計は、-28

 

それを19(2000年~2018年)で割ると、-1.4736・・・

小数点第2位以下を四捨五入してみると、

-1.5

 

つまり、2000年以降は、

1951年からの平年値である6月7日よりも、

梅雨入りの平均が1.5日早い、

6月5.5日になっていることになります。

 

気象予報士4451号

この傾向が2019年も続けば、

5月29日~6月12日ころに梅雨入りすると予想します。

スポンサーリンク

中国地方が梅雨の時期に気を付けたいこと

 

中国地方では、梅雨の後半に豪雨となることが多いです。

 

これは、梅雨の前半の頃はまだ、

梅雨前線が日本の南にあるため影響が小さいのですが、

後半になると、

梅雨前線が西日本付近や日本海南部に停滞することが多くなり、

大雨を降らせるからです。

 

いざ、逃げようとなったときに、準備をしていては間に合いません。

 

自分だけでなく、家族の身の安全を守るためにも、

事前に防災グッズを準備しておくことが大切です。

 

防災士おすすめの防災セットをチェックする
↓↓

防災士おすすめの防災セット

ディフィンドフューチャー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-中国地方, 梅雨入り予想

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.