気象予報士が梅雨入り・梅雨明け時期を予想

梅雨てん

九州・奄美地方 梅雨明け予想

奄美の梅雨明け予想!2019年はいつ?例年との比較を気象予報士が解説

更新日:

 

気象予報士4451号
こんにちは。

気象予報士4451号@梅雨てんです。

 

奄美の梅雨は、東京・大阪などと比べると1か月近く早く訪れ、

そして、激しい豪雨になることもしばしば。

 

水の需要が増える夏の前に雨が降ってくれるのは有難いですが、

かといって、豪雨や雷雨は困りますよね。

 

くまさん
早く梅雨が明けて欲しいなぁ。
気象予報士4451号
そこで、ここでは、気象予報士の私が

例年のデータの平均から、2019年の梅雨明けを予想しました。

梅雨入り・梅雨明けの時期は、

直近の天気図を確認しないと、はっきりした予想はできませんが、

ここでは、平年値からおおよその時期を予想しています。

スポンサーリンク


奄美の梅雨明けの例年の平均は?

奄美の梅雨明け予想!2019年はいつ?例年との比較を気象予報士が解説

 

奄美の梅雨明け宣言は、

鹿児島地方気象台が、以下の条件を判断して行います。

 

  • 晴天が2日以上続いたあとに前日と本日が雨。
  • 梅雨前線がある。
  • さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇り。

 

そうして出された梅雨明けの例年の平均は、

6月29日ごろとなっています。

 

【関連記事:奄美以外の梅雨明け情報はここをクリック 】

 

ちなみに、梅雨明け宣言は、

鹿児島地方気象台

梅雨明けしたとみられる

 

このように、「梅雨明けしたとみられる」という表現をします。

これは、梅雨明けなのか梅雨の晴れ間なのかの判断が難しく、

あとで天候を振り返って、変更されることがあるからです。

 

くまさん

なるほど。

そうやって振り返って吟味されたデータの積み重ねだということだね。

気象予報士4451号

そうだね。

そして、この平均は、1951年からのデータの積み重ねなんだよ。

スポンサーリンク


 

梅雨明けの平年値は1951年からのデータ

 

梅雨入り・梅雨明けの記録は1951年からとってあり、

6月29日頃という平年値は、その平均ということになります。

 

一方で、気温・降水量・日照時間の平年値は、10年ごとに更新しています。

 

たとえば、

 

2001年~2010年までは、1971~2000年の観測値の平均、

2011年~2020年までは、1981~2010年の観測値の平均、

といった感じです。

 

これは、時代にともなって気象環境も変化するため、

10年おきに平均を算出する期間を更新しているんです。

 

となれば、梅雨明けの平年値も、

もう少し現代に近い期間で出してみたいと思い、

2000年以降の平均を調べてみることにしました。

 

2019年の奄美の梅雨明け予想

2019年の奄美の梅雨明け時期の予想

 

 

2019年の奄美地方の梅雨明け時期を予想します。

 

まず、奄美地方の例年の梅雨明けは、

6月29日ごろです。

 

ただ、この過去のデータよりも、2019年は遅くなる確率が高いと思います。

 

なぜなら、エルニーニョ現象が発生しているからです。

【関連記事:エルニーニョ現象とは?

 

このエルニーニョ現象が発生しているときは、

奄美地方の梅雨明けの時期が遅くなりやすいというデータがあります。

 

これを裏付けるのが、下の気象庁のグラフです。

 

エルニーニョ現象が発生しているときのうち、

57%の確率で、梅雨明けが遅くなっています。

 

出典元:気象庁HP

 

気象予報士4451号
そして、2019年は、

引き続きエルニーニョ現象が続くと予想されているため、

平年より、梅雨明けは遅くなるのではないかと思います。

スポンサーリンク


 

そして、もう一つ参考にしたいのが2000年以降の平均のデータです。

 

2. 2000年以降の平年値

 

奄美の梅雨明けの平年値である6月29日は、

1951年からのデータの平均です。

 

そこで、もう少し現在に近い時代からの平均も調べてみることにしました。

 

下は、2000年以降のデータです。

 

梅雨明け 平年(6月29日)との差
2000年 6月21日ごろ -8
2001年 6月23日ごろ -6
2002年 6月30日ごろ +1
2003年 6月27日ごろ -2
2004年 6月24日ごろ -5
2005年 6月27日ごろ -2
2006年 6月22日ごろ -7
2007年 6月28日ごろ -1
2008年 7月 2日ごろ +3
2009年 7月 5日ごろ +6
2010年 7月15日ごろ +16
2011年 6月22日ごろ -7
2012年 6月29日ごろ 0
2013年 6月29日ごろ 0
2014年 7月4日ごろ +5
2015年 7月6日ごろ +7
2016年 6月18日ごろ -11
2017年 6月29日ごろ 0
2018年 6月26日ごろ -3

 

 

平年より遅かった年を+(プラス)、

反対に平年より早かった年を-(マイナス)として、

平年との差の合計を計算すると、

-14

 

これを19(2000-2018年)で割ると、-0.7368・・・

小数点第2位以下を四捨五入して、-0.74

 

つまり、2000年以降の平均は、

1951年からの平年値であるの6月29日より、

0.74日梅雨明けが早くなっています。

 

6月28日くらいなので、ほとんど平年と同じですね。

 

ただ、忘れてはいけないのがエルニーニョ現象。

 

そのため、2019年の梅雨明けの時期は

6月28日ころ~7月5日頃になるのではないかと予想します。

スポンサーリンク


 

防災グッズを準備はしていますか?

 

美しい自然に囲まれ「東洋のガラパゴス」との異名をもつ奄美大島。

 

雨はそんな奄美地方の自然の恵みの雨ともなりますが、

ときに大雨をもたらし、災害をも引き起こします。

 

とくに奄美地方など西日本では、梅雨の後半に激しい豪雨となることが多いです。

 

万が一のとき、自分や家族のために、防災グッズを用意しておくことをおすすめします。

防災士おすすめの防災セットをチェックする
↓↓

防災士おすすめの防災セット

ディフィンドフューチャー

あわせて読みたい記事

 

防災グッズの置き場所はどうする?マンションと一戸建ての場合の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

気象予報士4451号

学生時代、夏休みに気象予報士の資格を取得。 大学卒業後から、お天気キャスターとして働くも、パワハラで体調を崩してすぐに退職。 今はブログでお天気情報発信中です。 防災士の資格も保持。

-九州・奄美地方, 梅雨明け予想

error: Content is protected !!

Copyright© 梅雨てん , 2019 All Rights Reserved.